牧野篤真 | 愛知県安城市、三河地方で水まわりのリフォームを行うエムズライフは現在求人を募集中です!

エムズライフ

0566-92-0577

牧野篤真

「前々職はバーテンダー!
 冷静に社内を見極める頭脳派!」

入社8年 牧野 篤真

広い視野でエムズライフ内のメンバーについてもよく見られている牧野さん。
入社8年を迎えてこれまでの想いや、今エムズライフに必要なことなどを語って頂きました。

牧野さん、よろしくお願いします!

Q. 入社のきっかけを教えてください

結構遡るんですけど、高校3年生の時友達と店を作ろう、ということになって、その資金集めの為にバーテンダーのアルバイトを始めたんです。
そこでとんとんとアルバイトから社員になって、店長にまでなりました。
その時たまたま知り合ったお客さんが電気の親方をされていて、「電気の仕事をやってみないか?」と誘われたことから前職の電気の仕事に携わることになったんです。

電気の仕事と言っても、今のような住宅の弱電ではなくて、強電と言って工場の太い電線を引っ張る仕事をしていました。
ですが僕がエムズライフの求人を見つけた8年前、リーマンショックが起こってしまって、工場の方で電気の仕事がほぼ無くなってしまったんです。

エムズライフの求人はたまたま入ったコンビニの雑誌で見つけて、職も探していたので電話をしたらちょうど三隅社長が出られたんです。
一度会ってみようということになって、さらにその時やっていた近くのユニットバスを組んでいる現場を見学に行きました。

そうして様々な偶然とタイミングが重なって、今こうしてエムズライフにお世話になっている形ですね。

Q. 建築系の業界に入ったきっかけを教えてください

先ほどお話した通り、僕の場合は偶然の出会いが重なってこの業界に入ったので、若いころから建築業界を目指していたというわけではないんです。
前職の電気の仕事も全くの未経験で始めましたし、エムズライフの仕事も、住宅の弱電と工場の強電では仕事内容が全く違いますから、ほぼ未経験と言ってもいい状態でした。

Q. この仕事をやっていて良かった!と実感する瞬間を教えてください

僕はいたってシンプルで、一貫して「リフォーム先のお客様がエムズライフに頼んでよかった、牧野君に頼んで良かった」と言ってもらえる時ですね。

Q. 逆にこの仕事をやっていて苦労したことがあれば教えてください

仕事を始めた当時は出来ないことに対してのくやしさから自分に腹が立って、常に「なにクソッ!」っていう気持ちを持っていました。
くやしいけど何もできない・・・じゃあどうするかと言ったら、覚えるしかないんです。
先輩に怒られたくない、言われたくないから覚える、それが苦労と言ったら苦労かもしれないですが、その当時僕は苦労だとは思ってはいませんでしたね。

Q. エムズライフはどんな職場ですか?

同じタイプの人間が全くいない、そこがエムズの魅力だと思います。
職場において自分の立ち位置や役割を確立するのってすごく大事なことだと思うんですが、エムズはその自らのポジションを認識しやすい職場かなと思うんです。

牧野さんから見たエムズライフのスタッフ紹介
齋藤さん

まだやり始めたところなので、伸びしろはすごくある社員だと思います。今後どうやって化けるのか、どういう職人になっていくのかこの先が楽しみですね。

新実さん

電気という自信とプライドを持っているので、それを活かしつつ、さらにまだ彼が持ってない分野を伸ばしてほしい。
彼が入って電気についてできることが会社としても本当に増えたので即戦力として活躍してくれていますね。

藤枝さん

無駄口をたたかない。文句も言わず黙々と仕事をこなしているが、きちんとビジョンをもっていて芯のある職人さんですね。

嶋田さん

今現在自分と同じレベルで施工が出来る仲間です。自分がもう一人いたらと考えたときに真っ先に思い浮かべるのが彼ですね。

三隅 豊さん

師匠でありライバルでもあります。同い年ということもあって認められたい存在ですね。

三隅 純子さん

エムズライフの裏の番長ですかね(笑)誰も逆らえないです。

三隅社長

初めて会った時から惹かれるものがあったんです。実際お世話になり始めてからは包容力や社長の器というのを感じました。
仕事を始めたてのとき、なかなか上手くいかずにへこんでいても、仕事帰りに5分くらい社長と話をするだけで、明日もまた頑張ろうという気持ちになるんです。
自分一人のことを考えている経営者ではなくて、どうやったら社員が良くなっていくのか、それも結構深いところまで見てくれていると思いますね。

牧野篤真

Q. 休日はどう過ごされていますか?

趣味…というかライフワークのような感じなのですが、地元で小学生の子供たちにソフトボールを教えているんです。
たまたま自分の子供が小学生のときに地元のチームに入ることになって、それからコーチ業を始めたんですが、今じゃ全国大会の常連チームなので、鹿児島まで試合に行ったこともありましたね。
子供達でも職場の若い子でも、出来なかったことが出来るようになるのを見るのが嬉しいんです。

Q. エムズライフに入社してからご自分の中で変化したことを教えてください

日々変わっていると思いますが、ソフトボールの父兄さんに何の仕事をしている人かと聞かれることがあります。
喋り方や雰囲気が”話す仕事”をしていると思われるみたいで(笑)
話し方については、どうやったら相手に伝わるのか、順番やスピードや分かりやすさを常に意識してはいますね。

Q. 今後の夢や野望を教えてください

この会社を大きくしたい。
僕は独立という考えは全く無くて、社長や専務や仲間たちと、皆でエムズライフを大きくしていきたいんです。

Q. 応募を考えている方にメッセージをお願いします

僕の願いは、今僕たちがやっていることをもっと多くの人に知ってもらいたい、こんな会社もあるんだということを見てもらいたいんです。
もちろんこの業界の技術を持って即戦力となってくれる人が入ってくれればありがたいですが、僕のようにちょうどタイミングが合ってエムズライフの求人に応募してくれる人なら、未経験でも歓迎です!
もっともっと多くの仲間とエムズライフで出来ることを増やしていきたいので、是非お待ちしています。

最後に・・・
Q. トイレ・浴室・キッチン等、個人的に好きなリフォーム箇所があれば理由と共に教えてください。

リビングダイニングですね、理由は家族が一番集まる場所だからです。

その他のスタッフインタビュー

新実大介
齋藤陽介
藤枝弘幸
嶋田真之
牧野篤真
三隅豊
三隅尊広
Copyright © 2017 株式会社エムズライフ Co.,Ltd. All rights reserved.