三隅尊広 | 愛知県安城市、三河地方で水まわりのリフォームを行うエムズライフは現在求人を募集中です!

エムズライフ

0566-92-0577

三隅尊広

「おおらかな人柄で
 周囲を惹き付ける人徳者」

代表取締役 三隅 尊広

毎月エムズライフのメンバー全員に手紙を書いているという三隅社長。
普段から社内のメンバーに気を配っている三隅社長だからこそ出来ることだと感じます。
エムズライフの生みの親である社長の、企業の経緯や今後の展開についてお話を伺いました。

三隅社長、よろしくお願いいたします!

Q. 建築系の業界に入ったきっかけを教えてください

まず単純に”独立したかった”という思いがあったんです。
続くか続かないかは別として、その頃は建築業界に入るのが一番独立しやすいと思ったんですよ。
学校も普通科でしたし全くの未経験だったんですが、友達がやっていたこともあってまずは左官屋さんに入りました。
左官屋さんで覚えた土間コン打ち等の技術は今に生きているんですが、天候に左右される仕事で、仕事自体が減っていたこともあって、転職することになりました。
次に入った水道屋さんが、今エムズライフの仕事に一番役に立っている水回りですね。
水道屋さんに入ったことで仕事において本当に色々広がりました。
その後住設屋さんも経験させてもらったのち、27歳の時三河地方に移って独立し気づけば15年が経ちます。

とにかく独立したいという気持ちが一番にあったので、実は料理人を目指して日本料理店で働いたこともあるんですよ。
若い頃は色々好き勝手やらせてもらったので、同じ時期に独立した学生時代からの友人がいるんですが、たまに飲んだりしていると、お互い本当によく続いているよなぁとしみじみ語ったりします(笑)

Q. この仕事をやっていて良かった!と実感する瞬間を教えてください

リフォームすることでお客さんの目に見えて家の一部が変わりますから、やっぱり目の前で喜んでくれる瞬間が嬉しいです。
あとはお客さんがエムズライフの担当スタッフを褒めてくれた時、嬉しくて早く本人に伝えたくてしょうがなくなります。

僕が仕事においてエムズライフのスタッフに常に一番言っていることは、
「嘘はつくな」
ということです。
分からないものは分からない。
やってしまったものはやってしまった。
だけどそこからどう対処するのか、正直に向き合った結果、その仕事をお客さんが褒めてくれることが本当に嬉しいんです。

Q. 逆にこの仕事をやっていて苦労したことがあれば教えてください

この仕事って世間一般的な印象より”気を遣う”と言いますか、リフォーム後の外観が汚いなんてもっての外ですし、むしろ作業していない片隅にホコリが落ちていたらキレイにして帰っていくくらいスタッフ全員で徹底しているんです。
たまにすごく気にされるお客様だと、後ろに立ってずーっと作業を見られていることもありますし(笑)
でも見られている意識を常に持って仕事をしていれば間違いはないですから、そこが苦労する面といえばそうかもしれないですね。

あとスタッフには毎回現場の写真を撮ってくるように言っていて、それを社内で共有して他のスタッフが見たとき気になる点があればすぐに担当スタッフに確認するようにしているんです。
どうしてこういう作業をしたのか、もっとこうした方が良い等、社員同士ですぐに解決できるようなシステムを取り入れています。

Q. エムズライフはどんな職場ですか?

風通しが良い職場だと思います。
僕がいないところでも従業員同士で助け合って話を進めてくれる。
はじめは僕が意図的に、スタッフ同士の報告をさせて、自分の現場が終わっても終わりじゃないということを徹底してもらったんですが、
今はそれが従業員の中で当たり前のように習慣づけられて、風通しの良い雰囲気を作ってくれているんだと思います。

エムズライフで受けた仕事は皆で受けた仕事であって、自分の現場が早く終わっても、他の現場の様子を窺って電話一本入れて、必要であれば応援に行ける体制を作っています。
さらにスマホでも見れる社内カレンダーとLINEも使って、全員で各自の動きを共有するようにしているんです。

それというのも、ちょうど7年ほど前は社内に社員さんと社内外注さんがごちゃ混ぜに仕事をしていた時期があったんです。
普段はエムズライフのスタッフとして仕事をしてくれる外注さんですが、都合が悪くなったりするとふと外注の顔をする時があるんです。
それが社員さんたちに申し訳なくて、僕自身ももっとチームとしてやっていきたいという思いがあって、皆バラバラの状態から思い切ってテコ入れをしました。

まずは当時からいた牧野君達社員を外注さんに付けさせて勉強させました。
外注さんは仕事が出来る人間ばかりだったので、僕は社員になってもらいたかったんですがなかなかそうもいかなくて、一人去り二人去り…
結局メインでやってくれていた人がほぼいなくなってしまったんです。
出来る人間がいなくなると仕事が受けれなくなりますから、その時は本当にどうしようかな、と思いました。

でもあの時のことを今牧野君と飲みながら話をしていたりすると、逆にチャンスだと思ったと言うんです。
出来る人間がいなくなることで自分がなんとかしなきゃという気持ちが湧いたようなんです。
そういう時期も乗り越えたからこそ、今は純粋にエムズライフの社員さんだけで、一人一人がチームとして風通しのいい雰囲気を作ってくれているんだと思います。

三隅社長から見たエムズライフのスタッフ紹介
齋藤さん

陽介は、表には出さないけどものすごいがんばり屋だと思いますよ。
皆がいる前だとあんまり言いたいことを言ったりしないけど、内に秘めた根性があって、気持ちは強く持っている奴だと思います。
打たれ強いし、もっとやれる、だからこそもっと頑張ってほしいですね。

新実さん

器用で何でもそつなくこなすタイプだと思います。
自分にすごく自信を持っていて、遠慮せずに(彼なりにしてるとは思うけど(笑))言うときはズバッと言うので僕はそこが良いところだと思ってるんです。
一番年齢も社歴も若いのに、皆で話し合いをしているときでも嫌なことは嫌だとはっきり言う、だから分かりやすいんですよね。

藤枝さん

あいつはもう尊敬できる人間ですよ。
素晴らしい若い衆で人間的にも優しくて思いやりがあって。
仕事についても、とても真似出来ないくらい準備をしっかりしてくるんですが、上っ面だけじゃなくて芯からそういう動きをするので見ていて気持ちがいいです。
入った時からちょっと違っていたんですよね、芯から気が利くというか。若い奴の見本ですね本当に。

嶋田さん

嶋田君はSだね(笑)
彼こそ本当に視野が広くて、色々見てくれているんです。
若いメンバーに対しては厳しいかもしれないですが、本当に面倒見が良いので、すごく助けてもらっていますよ。
若い子の元気がなかったりすると、直接僕に言うわけじゃなくて「気にしてやってください」っていう風に教えてくれるんで、よく見てくれていると思います。

牧野さん

篤ちゃんはこの会社で一番しっかりしていますね、僕よりもです。
そういう面で本当に任せておいたら安心、という存在ですよ。

三隅豊さん

兄弟だしこっ恥ずかしい部分もあるんですが(笑)がんばり屋かな、あいつも。
本当は嫌だと思うんですよね、兄貴が社長で多分いろいろ比べられることもあると思うんです。
はじめは僕が独立して2人で始めたようなもんですから、スパルタで教えていたんですが、自分の選んだ道だからと思って一生懸命やる、がんばり屋ですね。

三隅 純子さん

独立を目指したころから、僕の好きなようにやらせてくれて、ある意味縁の下の力持ち的な存在です。
普通結婚を考えている相手が仕事を辞めて独立する、なんて言い出したら反対しそうなものですけど、ひとつも反対せずにここまでいてくれたので、文句言ってちゃいかんですね(笑)

 

三隅尊広

Q. スタッフさん一人一人についてすごくよく見られているようですが、普段から何か気にかけていたりするのでしょうか?

実は僕、毎月給料と一緒に社員一人一人に手紙を書いているんです。

それが結構大変で(笑)一度3年位前に辞めたことがあるんですが、そしたら社員の嶋田君から「社長のコメント欲しいっす」って言われて、ちゃんと見てくれていたんだなぁと思って、またやるようになりました。

なかなか僕もスタッフの皆と顔を合わせない機会が多い時があって、そういうとき僕がどう思っているのか知りたいみたいなんです。
でも、手紙を書くっていうことは、それぞれについて普段からきちんと見ていないと出来ないんですよね。

たまに年に1、2回くらいサボってみたりすることもあるんですけど(笑)続けていて良かったなぁと思います。

Q. 休日はどう過ごされていますか?

休日というか、最近毎日なんですけど朝晩5kmくらい走っているんですよ。
10月に100キロウォークに出て完歩してから、もっとやりたいなぁと思うようになってハマっちゃって、もう次に市民マラソンをエントリーしてます。
そのうちホノルルマラソン出ようかなって(笑)

Q. 今後の夢や野望を教えてください

僕は元請けになってやってやろうとか、人を増やして会社を大きくしようとかそういうことは全然目的じゃないんです。
元請けだろうが下請けだろうがお客さんはお客さん。
それに元請けさんがエムズライフを頼ってくれたり、信頼して仕事をくれたりしたことの積み重ねでパイプが繋がってここまで来れたので、それを一切無くして俺たちが元請けになってやろう、というのが僕の気持ちではないんですよ。
既存のお客さんを大事に出来ないのに、新規のお客さんにいっちゃ駄目だと思うんです。
そういう意味でも人が増えてくれれば、今のサービスをもっともっと向上させながら、足りてない部分が行き届くようになると思うので、皆が幸せになる為に人が欲しいなと思っています。

Q. 応募を考えている方にメッセージをお願いします

僕はみんなで楽しく和気あいあいと仕事をしていきたいと思っているので言いたいことは言ってもらいたい。
ミーティングも毎回議長を交代しているので新入社員だろうが番が回って来ます。
だから何も言えなくても周りのスタッフから言わされると思います(笑)

仕事の経験については、もちろん建築現場を経験された方が来てくれるのが一番ありがたいですけど、そういう僕も未経験の状態からこの業界に入ったので、やる気があってエムズライフのスタッフ皆と楽しく仕事が出来る仲間なら他に言うことはないです。

あとは、エムズライフの場合”何屋”という括りがないので、例えば電気屋をやっていた人が水道のことを覚えたいだとか、その逆もまた然りでそういう人も歓迎です。

最後に・・・
Q. トイレ・浴室・キッチン等、個人的に好きなリフォーム箇所があれば理由と共に教えてください。

僕的には家全部やりたいんですけど(笑)
しいて言うとやっぱりキッチンかな。
理由は、もともと僕キッチンを取り付けるのが好きなんですよ。
やっぱり切ったりだとかの大工仕事が多いのが好きで。
あとは、仕上げの張り物が好きですね。難しいんですけど、出来上がったとき気持ちが良いんです。

そしてやっぱり家をリフォームする時の決め手は奥さんが多いので、奥さんが一番喜ぶキッチンが好きですね。

その他のスタッフインタビュー

新実大介
齋藤陽介
藤枝弘幸
嶋田真之
牧野篤真
三隅豊
三隅尊広
Copyright © 2017 株式会社エムズライフ Co.,Ltd. All rights reserved.